相場テクニカル分析blog

裁量テクニカル分析練習日記となる

目線の変化

を矢印で入れてみました。

右側を隠しながら一本一本見ていくと、どのタイミングで目線が変化したのかわかるかもしれません。参考になれば幸いです。

観察のコツは今までの流れと足の微妙な変化です。

メンタル的には先読みはしていますが、決めつけない目線が大切。

 

f:id:tousi-shokunin:20190914223908p:plain

 

「キタッ」の感覚

同じエントリー根拠でも言葉では表現できないビックチャンスの感覚があるエントリーポイントがあります。

感覚的なものなのでトレーダーによって違いは当然ありますが。

参考になれば幸いです。

下記の赤丸は比較的、私の「キタッ」ポイントです。

とりあえず「キタッ」ポイントは全勝です。(〇中△は微妙)

実弾では「キタッ」のみエントリーします。

f:id:tousi-shokunin:20190913215200p:plain

 

日足のみトレードだと

普通に負け越すこともあります。

下記のチャートはトータルで負け越しています。

パッと見は簡単そうですが・・・

前半は上昇を狙って

中盤は横這いから継続上昇か天井か観察しながら立ち回っていますが、下がるでもボックスでもなく上昇しようとしていますが、いまいち弱い。

対策

日足だけ見ると天井、大底が判断しにくいです。

月足でやっとわかります。日足の長期足だと週足のトレンドの動きは大体わかりますが

稀に週足の買いポイントが月足の天井売りポイントの時があります。

これはかなり危険です。週足買いなので強気で建玉&ヘッジで粘った挙句、月足の売りに負けて暴落で日足、週足の抵抗線をいとも簡単に突き破っていきます。

長期足を考察することで要らない負けを減らすことが出来ます。

f:id:tousi-shokunin:20190912223754p:plain

 

連勝期の罠

無感情にトレードすると勝率はあがります。

勝率が上がってくると自然に今の勝率をキープしたい欲求が湧いてきます。

危険です。淡々とエントリー出来ていた銘柄が負けたくないという感情から無意識に厳選してしい機会損失ループに戻ってしまします。

結論

損益は気にしないの次のステージは勝率を気にしない

f:id:tousi-shokunin:20190912065631p:plain

 

己を知り無になる

下記は持論です。

トレードを始める人(性格)は金銭的欲求が大衆よりも強くイケイケと感じます。

でなければ、トレードには自己的にはたどり着きません。

しかし悲しいかな、そうゆう人(性格)ほどトレードに向いていません(最初は)

ではどうゆう人(性格)がトレードに向いているか・・・投資は恐くて絶対やりたくないと言っている人(性格)です。

 

トレードを始める性格はトレードに向いていない

トレードを絶対やらない性格はトレードに向いているけど始めない

人生とは意地悪ですね。

私も前者ド真ん中です(笑)リスク大好物でした。

しかし今は良い意味で無です。損切は視覚的にやりますのでイケイケを封じ込めます。エントリーの恐怖は最初からありません。本質はイケイケなので(トレードでは無感情ですが)

前者のイケイケ性格は後者の危機察知能力を見習い

後者は前者のチャレンジ精神を見習うと良い方向に行きます。

会社ですと社長がイケイケでチャレンジし副社長が冷静な判断を下し社員が実行することが王道ですが・・・トレードは一人で行うので自分を正確に客観視する必要があります。

f:id:tousi-shokunin:20190910230147p:plain

 

今回はイケるは命取り

第一に本人がイケると勝手に思っているだけであるので、判断が鈍る。

イケると思ってイケなかった時にメンタルがやられる。

常に相場に「そっちに行ったんですね、わかりました」の姿勢が大切。

 

確かに練習と経験で上手に相場が読めるようになってきます。

が謙虚な気持ちでトレードします。

損切貧乏と良く聞きますが、それはただエントリーが下手なだけ。

正しくは環境認識が下手で期待値が低いのにエントリーしてしまい、損切の大切さは知っているから損切するけど勝率低いから結果損切貧乏・・・長いな(笑)

f:id:tousi-shokunin:20190910001026p:plain

 

大きく流れを読みながら

一本一本の足を丁寧に立ち回る

下記の中盤のあたり

下がるのとは予想出来ているが、一度上昇。

そのまま上昇し続けてしまうかもしれませんので、臨機応変に立ち回り。

下落した足で立ち回り、大きく取れました。

ボックス相場も早めに立ち回れます。

f:id:tousi-shokunin:20190909063301p:plain